トップ > 金融基礎知識 > 投資信託の種類、メリット、株との比較について

投資信託の種類、メリット、株との比較について

投資信託の種類、メリット、株との比較についてみていきます。

投資信託には多くの種類がありますが、その投資対象を大きく分けると
公社債投信信託と株式投資信託に分類することができます。


公社債投資信託

株式を一切組み入れません。国債や社債といった公社債を中心に運用します。1年未満で決済です。

短期金融商品(CD、CP、コール)も運用対象になります。
安定運用をめざすものから、新興市場や金融派生商品への投資で高い収益性をねらうものまで種類は様々です。


株式投資信託

株式を組み入れて運用する投資信託です。株式を中心に、債券や短期金融商品も運用対象です。

また、公社債を組み合わせたバランス型や転換社債型、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などのインデックス(指数)に連動する運用成果を目指すインデックス型などがあります。

以上は投資対象による分類ですが、購入・売却の期間によって投資信託を分類すると単位型(スポット)と追加型(オープン)に分類されます。

単位型は、購入できる期間や中途換金に制限があり、資金を満期までじっくり育てるタイプです。

追加型は、いつでも売買できる点で株式により近い投資スタイルです。

分配金については、分配型と投資型があります。
分配型は一定期間ごとに分配金を受け取れますが、再投資型では分配金はそのまま再投資されます。


投資信託のメリット、株式との相違とは?

投資信託の魅力は、預金と株式投資のメリットを併せ持っていることでしょう。専門知識を必要とせずに少額の資金で始められるのは預金と、預金の利息を上回る収益を期待できるのは株式投資と同様です。

投資信託にしかないメリットとして、幅広い対象への投資や専門家による運用は、株式なら資産家にしかできないことです。また、追加型投信なら買戻しが保証されていて、売りたいときの時価で換金できる点も、買い手がいないと売却できない株式にはないメリットです。

デメリットは、販売・運用・管理の役割が分担されているので、それぞれに手数料がかかります。

また、株式に比べると価格情報が入手しにくいという点もあげられます。


株式との相違とは?

・資金について
投資信託:少額からできる。1万円から買えます
株式:ある程度必要です。通常は数十万円から。

・投資先の数について
投資信託:多い。株式や債券、国内外のものなど多数
株式:少ない。外国株も買えるが中心は国内株式

・知識に関して
投資信託:さほど必要ではない。プロが運用してくれる
株式:それなりに必要。自分で銘柄を選ぶので、ある程度は必要

投資信託では、このほか株価指数先物やオプション、未上場株式、コール・ローンなど個人では難しい対象にも投資できるメリットがあります。

投資信託の種類とメリット、デメリット、株式と比較した場合についてご理解いただけたでしょうか。

この記事のカテゴリーは「金融基礎知識」です。
投資信託をはじめ、株式、債権、FXほか金融投資商品は豊富です。しかし、投資の前に金融知識、投資の基礎知識を得ておくことも大事でしょう。
関連記事

金利とは?

金利とは、何でしょう? 金融商品、なかでも投資信託をメインにしていますが、金融の基礎知識、投資の基礎知識も必要ですね。そのあたりを、まとめていきます。 金利とは、「お金の使用料金、つまりお金を貸し借り...

国債・地方債・社債の魅力とは?

国債・地方債・社債の魅力とは? 投資対象としての国債・地方債・社債の魅力とは、どういうものか考えてみます。 だれしも、虎の子の元手は大事です。ですから、投資に当たっての一番の気がかりが、元本割れしない...

為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジ

為替ヘッジとは?,為替変動,リスクヘッジ

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について 金融商品を、安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型に大きく分類してみます。 1.安全貯蓄型には下記のようなものがります。 定額貯金(6ヶ月経過後解約可...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索