トップ > 金融基礎知識 > 為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジ

為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジ

為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジについて

リスクヘッジという言葉はよく聞きますね、「リスクを回避する」ことです。

為替ヘッジとは、より正確には、「為替変動」リスクヘッジとすべきではないかと思います。

なぜなら、為替ヘッジとは、為替変動リスクを回避することを為替ヘッジ意味するからです。

投資において、リスクとは、損をすること、為替変動リスクとは、為替が変動することにより、損をすることをさします。

つまり、為替レート(外貨(ドルなど)と円との交換比率)が変動することにより、外貨建て資産を円建てで見てみると元本が変動し、損をしてしまうことです。

例えば1万ドルで値段がついているものを購入、売るときも1万ドルのままであっても為替レートが、購入時1ドル100円、売却時1ドル90円だったとした場合、円で考えると、10万円の損になってしまいます。

これを、「為替差損」と言います。

この為替レートの変動による損を避けるための対策が為替ヘッジです。

これには、先物予約(将来の為替レートを契約してしまう取引)やオプション(あらかじめ決められた期日に、決められた価格で交換する権利を取引する)を利用するなどの方法がありますが、そのへんは、プロが行います。

しかし、為替ヘッジにはこのような、工夫が必要となりますので、ヘッジなしよりもコストがかかります。

外貨建て資産に投資するファンドには、あらかじめ「為替ヘッジあり」「為替ヘッジなし」という2種類が用意されているものがあります。

為替ヘッジありの場合は、リスクを回避できるかもしれませんが、代わりに円安になった場合には為替差益(為替による収益) を得ることができません。

例えば1万ドルで値段がついているものを購入、売るときも1万ドルのままであっても為替レートが、購入時1ドル100円、売却時1ドル110円だったとした場合、円で考えると、10万円の利益が出ます。

また、為替ヘッジは必ずしも完璧にリスクを回避できるものではありません。

為替ヘッジなしは円安による為替差益を得られる可能性もありますが、もちろん為替差損を被る可能性もあります。

それぞれのリスク回避策のポイントを理解し、投資信託を選ぶ際には気をつけていただきたいと思います。

この記事のカテゴリーは「金融基礎知識」です。
投資信託をはじめ、株式、債権、FXほか金融投資商品は豊富です。しかし、投資の前に金融知識、投資の基礎知識を得ておくことも大事でしょう。
関連記事

金利とは?

金利とは、何でしょう? 金融商品、なかでも投資信託をメインにしていますが、金融の基礎知識、投資の基礎知識も必要ですね。そのあたりを、まとめていきます。 金利とは、「お金の使用料金、つまりお金を貸し借り...

国債・地方債・社債の魅力とは?

国債・地方債・社債の魅力とは? 投資対象としての国債・地方債・社債の魅力とは、どういうものか考えてみます。 だれしも、虎の子の元手は大事です。ですから、投資に当たっての一番の気がかりが、元本割れしない...

為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジ

為替ヘッジとは?,為替変動,リスクヘッジ

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について 金融商品を、安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型に大きく分類してみます。 1.安全貯蓄型には下記のようなものがります。 定額貯金(6ヶ月経過後解約可...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索