トップ > 金融基礎知識 > 金融商品・投資案件のいろいろ

金融商品・投資案件のいろいろ

金融商品・投資案件のいろいろ

今回は、金融投資の基礎知識から一歩踏み込んで、実際にある金融投資商品のあれこれを見てみましょう。

「MRF」とは?

証券会社が扱う、普通預金口座のようなものです。
1円以上で、1円単位からになります。

手数料が無料で、出し入れ自由です。
普通預金より、利回りは高めです。

変動金利の実績分配型で、元本保証商品ではないのですが、元本割れはほとんどないのでお勧めできます。


「外貨MMF」とは?

外貨建ての投資信託です。
国債など安全な商品で運用されます。

元本保証ではないのですが、外貨ベースでの安全性は高く、小額から利用できるので投資初心者でも安心ではないでしょうか。

外貨預金より金利は高めです。
外貨預金より為替手数料が安めで、購入した翌日から引き出し可能です。

買ったときより円安になったら、為替差益も得ることができます。
当然、円高になったら為替差損もありえるので、注意は必要です。


「不動産投資信託(REIT)」とは?

不動産を投資対象とした投資信託です。

最大のメリットは、おおよそ3%台の高配当にあります。
証券市場に上場しているので時価で売買できます。

デメリットは、不動産の値下がりによる元本割れのリスクがあることです。


IPO株で億万長者をめざす?

IPO株は、相変わらず人気が高くてなかなか入手できないようですね。

ただ、トラブルも多いとか。

そもそも、未公開株はIPOの公募以外では買えないのか?という疑問があります。

「グリーンシート」制度というのがあり、一定の基準を満たした「グリーンシート銘柄」が売買できるのです。

ただ、取り扱い証券会社は、以下の16社に限定されています。

・アイティーエム証券
・IPO証券
・SBI証券
・大塚証券
・おきなわ証券
・木村証券
・KOBE証券
・ジェット証券
・新光証券
・ディー・ブレイン証券
・東洋証券
・日本証券代行
・PBA証券
・益茂証券
・松井証券
・未来証券

以上です。

多種多様な金融商品、投資先があります。

それぞれのメリットばかりではなく、換金性や投資必要額、デメリットなど幅ひろく検討材料を集めて、勉強しましょう。

この記事のカテゴリーは「金融基礎知識」です。
投資信託をはじめ、株式、債権、FXほか金融投資商品は豊富です。しかし、投資の前に金融知識、投資の基礎知識を得ておくことも大事でしょう。
関連記事

金利とは?

金利とは、何でしょう? 金融商品、なかでも投資信託をメインにしていますが、金融の基礎知識、投資の基礎知識も必要ですね。そのあたりを、まとめていきます。 金利とは、「お金の使用料金、つまりお金を貸し借り...

国債・地方債・社債の魅力とは?

国債・地方債・社債の魅力とは? 投資対象としての国債・地方債・社債の魅力とは、どういうものか考えてみます。 だれしも、虎の子の元手は大事です。ですから、投資に当たっての一番の気がかりが、元本割れしない...

為替ヘッジとは?〜為替変動のリスクヘッジ

為替ヘッジとは?,為替変動,リスクヘッジ

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について

安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型の金融商品について 金融商品を、安全貯蓄型、安定投資型、積極投資型に大きく分類してみます。 1.安全貯蓄型には下記のようなものがります。 定額貯金(6ヶ月経過後解約可...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索