トップ > 不動産投資信託リートREIT > 不動産投資が注目、ポートフォリオへの組み込み

不動産投資が注目、ポートフォリオへの組み込み

不動産投資が注目です、収益不動産をポートフォリオに組み入れましょう。

資産運用を真剣に考えなければいけない時代になったからです。

預貯金の利率が0.1%にも満たない低金利の状況が続いています。例えば、100万円を1年間預けたとしても、利息は税引き前であっても1,000円程度しかつかないことになります。

つまり、預貯金だけではお金を増やすことが難しい状況が続いているのです。さらに、2005年4月よりペイオフが全面解禁となり、普通預金や当座預金も金融機関の破綻時には元本1,000万円までとその利息分までしか保護されなくなりました。お金を銀行に預けてさえすれば安心だった時代はもう過ぎ去ってしまったといえます。

また、社会の構造が確実に変化してきています。年功序列賃金制度から能力給制度への転換、公的年金制度の見直し等・・・将来の収入の予想がつきづらくなってきています。

特に、老後資金については自助努力による準備の必要性が高まってきています。例えば60歳の男性は、平均で約22年間生きるというデータがあります(厚生労働省平成16年簡易生命表)。

そして、平成16年度の生命保険文化センターの調査によると、ゆとりある老後の生活費として、毎月約38万円が必要というアンケート結果が出ています。つまり、60歳で退職し老後ゆとりある生活を送るためには、毎月38万円を22年間、約一億円の生活費が必要になるのです。

この老後の生活費は、いままでは厚生年金などの公的な年金である程度まかなうことができました。

しかし公的な年金は、ここ数年少子化高齢化などを理由に、給付額の削減や年金支払開始年齢の引き上げといった制度の見直しが行われています。公的な年金だけに頼っていては、老後を豊かに暮らすのは難しいといえるでしょう。自分の老後資金は、自分自身である程度準備していく必要があるといえます。


不動産投資は資産運用手段の選択肢です。

日本では、バブル崩壊、土地神話の崩壊がおこり、不動産を保有しているだけで値上がり益、つまりキャピタルゲインが期待できた時代は過去のものとなりました。

これからは不動産が「将来生み出す収益、これを「インカムゲイン」と言いますが、をおもな基準として不動産の評価が決まっていく傾向にあります。

不動産の価値が、賃料収入を株式等の配当のように考える「利回り」を尺度として決まっていく傾向にあるということです。

 「継続的に高収入が得られる」不動産に投資を行えば、預貯金などに比べて高い利回りが期待できます。この高い収益を生む不動産(収益不動産)への投資を行うことなどによって大成功した人に、アメリカの不動産王で大富豪として知られるドナルド・トランプ氏やベストセラーとなった「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏などがいます。

ロバート・キヨサキ氏は、その著書の中で自分のポケットにお金を入れてくれる「資産」と自分のポケットからお金をとっていく「負債」の違いを知ることが大切だとしています。

その上で、お金持ちになるには「本当の資産」に投資する側に回ることが重要だとし、当初、賃貸アパートなどの収益不動産への投資を積極的に行いました。その成果は、著書にあるとおりです。

また、将来の収入の見通しが不透明といえる今の日本のような環境においては、「不労所得」が得られることは非常に魅力的といえます。収益不動産への投資は、その一手段となり得るものといえます。


収益不動産をポートフォリオの一つに組み込みましょう

将来の資産形成を考える上では、先に述べた収益不動産はもちろんのこと、株式や債券、それらを投資の対象にしている投資信託などが選択肢となりえます。

このような投資商品を選ぶときは、その投資商品の持ついろいろなリスクを事前に知っておくことが大切です。不動産投資のリスクについては、別の記事にも書きましたので、今回は省略します。

資産形成においては、このリスクと上手に付き合うことが大切なポイントになります。収益不動産、株式、債券など、それぞれ値動きは異なります。

この値動きの異なる投資商品をバランス良く組み合わせることで「リスクを低く抑えながら高い収益を上げること」(=分散投資の効果)が期待できます。

「収益不動産」をポートフォリオに組み込むことは、資産形成において有効な手段の一つといえるでしょう。

この記事のカテゴリーは「不動産投資信託リートREIT」です。
投資術の一つとして脚光を集めているreit(リート)など不動産投資の情報を集めています。低金利時代の資産運用は、やはり投資効果の見込める金融商品を探すことです。人気の集まる不動産投資・不動産投資信託について知識を広めましょう。
関連記事

不動産ファンドの仕組み

不動産ファンドの仕組みについて 今回は、不動産ファンドの仕組みについてご紹介しましょう。 不動産等の現物を出資する「任意組合型」 複数の投資家が出資し、それを専門家が運営を行い、その運営により得られた...

不動産投資について

不動産投資について〜「土地を選ぶ」 不動産投資をしたいが、賃貸の入居者とのトラブルや建物の故障、苦情などに頭を悩ましたくない、という方には、土地投資がお勧めです。 今回は、土地を投資にと言う方のために...

不動産投資が注目、ポートフォリオへの組み込み

不動産投資が注目です、収益不動産をポートフォリオに組み入れましょう。 資産運用を真剣に考えなければいけない時代になったからです。 預貯金の利率が0.1%にも満たない低金利の状況が続いています。...

不動産投資とは?また、そのリスクには?

不動産投資とは?また、そのリスクには? 「不動産」とは、「動産」という言葉の反対をなす概念で、土地や建物など、その文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、という定義ができます。 不動産...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索