トップ > 郵便局での投資信託 > 郵便局でも投資信託が買えます:人気が高まる郵便局の投資信託について

郵便局でも投資信託が買えます:人気が高まる郵便局の投資信託について

郵便局で買える投資信託があります。窓口にもパンフレットが置かれていますね?

個人投資家が増えるにつれ、このように金融商品も実に多様化してきました。

投信信託の販売窓口においても広がりをみせ、昨年2005年10月から、郵便局でも投資信託を購入できるようになりました。

郵便局で買える投資信託は、そのスタート時に比べると種類が増えています。

投資先に関しても、日本国内だけでなく海外のものもあり、投資の方法も株式、債権、不動産投資と幅が広がっています。

郵便局で購入できる投資信託とはいっても、投資信託である以上、実際に運用をおこなっているのはファンド(投資信託)発行している会社にかわりはありません。

ですから、「郵便局が運用しているんだから元本割れはないだろう」などと過剰な期待、思い込みをする人もいるかもしれませんが、この点は注意して下さい。

繰り返しますが、郵便局が売っているのだから安心という先入観はとりあえず捨てましょう。

「郵便局で投資信託」という意味は、実際に郵便局がやっていることは、ファンド(投資信託)の販売を取り次いでいるだけ、窓口であるということです。

投資信託を買う場合、窓口が郵便局にせよ、銀行にせよ、証券会社にせよ、投資を託す(信託)という商品は元本割れもあるというリスクを承知の上で、商品をよく調べて買いましょう。

これは、そのような金融商品においても鉄則中の鉄則ですね。

投資信託には投資者保護基金という投資信託の購入者を守る制度がありますが、郵便局から買った場合、この制度は適用されないので、これも注意が必要です。


証券会社が主だった投資信託の販売窓口も、銀行や郵便局と広がっています。

郵便局のようにもともと元本保証の手堅い安全な金融商品しか扱っていないところが、投資信託の販売をはじめたことは、今まで手持ちのお金を増やすといっても、せいぜい定期の預貯金ぐらいしか考えていなかった人たちにも投資信託を身近なものにしたように思います。

投資信託は自分が直接、株式購入等の投資をするわけではなく、投資のプロにお金を託して(信託)運用してもらう金融商品です。自分で株を買ったりするのはちょっとという人でも、お金を投資する事が可能になるわけです。

ただ、あくまで預貯金とは違い、投資信託は元本を保証してくれません。いくら投資のプロが運用するとはいってもマイナスになることだってあります。郵便局が売っているから大丈夫だというようなイメージだけで投資信託を買うことはあまりおすすめはできません。

郵便局(郵政公社)のサイトには、扱っているファンド(投資信託)のラインナップと説明があります。
投資信託を買おうと思うのであれば、購入しようと思うファンド(投資信託)のことをじっくり調べてから買うようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「郵便局での投資信託」です。
郵便局でも投資信託を扱い始めました。身近な郵便局の投資信託で資産を大事に運営しましょう。低金利で貯蓄・貯金の魅力は薄いです。金融投資のプロに委託する投資信託の知識を広めておきましょう。
関連記事

郵便局でも投資信託が買えます:人気が高まる郵便局の投資信託について

郵便局,投資信託

国民年金は払うだけ損なのか?

国民年金は支払ってもほんとうに損するのでしょうか? こういう疑問、不安を抱えている人は多いようです。今回は、国民年金の損得について考えて見ましょう。 国民年金は破綻するかもしれないという議論が大勢をし...

マル優と財形貯蓄制度について

マル優,郵貯マル優,特別マル優,財形貯蓄制度

日本人の貯金大好きと個人年金

日本人の貯金大好きと個人年金の話題について 長い間続いた日銀のゼロ金利政策、さて、これでいったい誰が得したのでしょうか? 答えは、大量の借金を抱える政府や地方自治体や企業などですね。 銀行も預金者へ利...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索