トップ > 投資信託用語解説 > ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、ヘッジ手法等を駆使して運用されるファンドのことです。

1949年にアルフレッド・ウィンスロー・ジョーンズが世界初のヘッジファンドを紹介しました。このファンドに続き1968年までにはジョージ・ソロスやウォーレン・バフェットの率いるファンド他、約200のヘッジファンドが登場することになりました。

最も初期のヘッジファンドは、上がりそうな銘柄を買い、下がりそうな銘柄を売るという極めて単純なものでした。

次に誕生したのが、いわゆる鞘取りで利益を稼ぎ出す売買手法を取るもので、代表的なものは裁定取引(アービトラージ)を利用したものです。

同一の取引銘柄が、複数の市場に上場されている場合、同じ銘柄であるにもかかわらず、価格に乖離が生じることがある。長期的には必ず乖離が修正されるので、高いほうを売って、安いほうを買っておき、乖離が修正された時点で反対売買を行えば、安全かつ確実に利益を出すという方法です。

一般的なヘッジファンドの要件としては、「投資対象国、対象銘柄、投資スタイルに制限がなく自由に運用できること」、「レバレッジによる資金効率を高めていること」、「常にプラスのリターンを確保することを求めること」、「ヘッジを施したファンドであること」などがあげられます。

今では全米だけで約5,000のヘッジファンドがあると言われています

。様々なスタイルや戦略を取るヘッジファンドが世界中に存在し、明確な定義が確立していないのも現実です。ヘッジファンドの代表的スタイルには、イベント・ドリブン型、グローバル・マクロ型、マーケット・ニュートラル型などがあります。

この記事のカテゴリーは「投資信託用語解説」です。
投資・投資信託・株式・FXなど金融投資には専門用語が多く用いられます。理解しておきたい用語の説明をまとめてみました。
関連記事

投資信託基準価格とは投資信託基準価額が正しい

「投資信託基準価格」と多くの場合にそう表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。ふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。以後、ややこしくなる...

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは? ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。 企業を調べるうえで、チェックするところは 1・経...

信用取引とは?

信用取引とは? 株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。 顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引と...

先物取引とは? 先物取引のメリットとトデメリット

先物取引

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索