トップ > 投資信託用語解説 > ブックビルディング方式とは?

ブックビルディング方式とは?

ブックビルディング方式とは?

ブックビルディング方式とは、1997年9月に導入された投資家の需要に基づいて、新規公開株の発行価格を決定する方法で、需要積上げ方式とも呼ばれています。

引受証券会社が、以下のプロセスに基づいて、新たに公開(=新規公開)予定の会社の公開価格(=発行価格)を決定する方式のことをいう。
証券会社は、投資に関する専門知識の高い機関投資家の意見をもとに仮条件を決定します。

その仮条件を投資家に提示し、投資家は、提示された仮条件に基づいて希望購入価格や希望購入株数を申告します。投資家の需要状況を把握することによって、発行会社と証券会社は、この申告の統計結果によって投資家の需要を把握し、発行価格を決定します。

マーケット動向に即した公開価格を決定する1997年8月までは、株式を新規に公開する場合、入札方式しか認められていなかったが、入札方式の場合、
公開価格が高く設定されがちであり、公開後に株式が円滑に流通しない等の問題点が指摘され、新規上場申請会社は、新規公開についてブックビルディング方式か入札方式のいずれかを選択することができるようになりました。
一般的にブックビルディング方式のメリットは株式公開後の市場の流通が円滑になる公開価格の決定が可能となり、長期投資を目的とする機関投資家の市場参加を促進することと、市場の効率化・活性化の期待です。

引受証券会社がマーケットメイク機能をより積極的に発揮でき、手続きが簡素化され、公開日程の短縮が可能となり、需要動向に応じた弾力的な発行が期待されることです。

しかし、新規公開株は値動きが激しく、初値が発行価格を下回ることもあるので、注意が必要です。

この記事のカテゴリーは「投資信託用語解説」です。
投資・投資信託・株式・FXなど金融投資には専門用語が多く用いられます。理解しておきたい用語の説明をまとめてみました。
関連記事

投資信託基準価格とは投資信託基準価額が正しい

「投資信託基準価格」と多くの場合にそう表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。ふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。以後、ややこしくなる...

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは? ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。 企業を調べるうえで、チェックするところは 1・経...

信用取引とは?

信用取引とは? 株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。 顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引と...

先物取引とは? 先物取引のメリットとトデメリット

先物取引

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索