トップ > 投資信託用語解説 > 整理ポストとは?

整理ポストとは?

整理ポストとは?

整理ポストとは、その名の通り、投資家に上場廃止を知らせて、投資者が整理売買を行うことができるように設けられたものです。

「整理ポスト」に割り当てられると、原則として、1ヵ月間売買が行われた後に上場廃止になります。

新聞の株式欄に、「管理ポスト」や「整理ポスト」という欄があるのを目にしたことがあると思います。

この「整理ポスト」は証券取引所が定めている上場廃止基準に該当して、上場廃止が決定された銘柄を売買するところです。

つまり、整理ポストにある銘柄は今後、証券取引所での売買が認められなくなることが決定した銘柄ということです。

上場廃止が決まると、その銘柄が上場廃止となることを投資家に周知させて、投資家が整理売買を行うことができるように、整理ポストに割り当てられます。

この整理ポストで原則として1か月間売買が行われた後に上場廃止となります。整理ポストは、言葉の通り(投資家が)株式を整理する場というわけです。

では、証券取引所の上場廃止基準にはどんなものがあるのでしょうか。

東京証券取引所でのおもな廃止基準は、

1.上場株式数が4,000単位を下回った場合
2.少数特定者(株主上位10人と役員、自社)の持ち株が80%を超えた場合
3.株主数が一定の人数を下回った場合(基準値は上場株式数による)
4.上場時価総額が10億円を下回った場合
5.債務超過状態が1年を超えた場合
6.連結財務諸表等の虚偽記載があり、影響が重大であると取引所が認めた場合
7.監査報告書などに「不適正意見」などが記載され、影響が重大であると取引所が認めた場合
8.最近1年の月平均売買高が10単位未満か、3カ月間売買が不成立の場合
9.銀行取引の停止、破産・再生手続・更生手続又は整理、営業活動の停止、不適当な合併等、上場契約違反、株式の譲渡制限、完全子会社化、
指定保管振替機関における取扱いに係る同意の撤回、その他等があります。

この記事のカテゴリーは「投資信託用語解説」です。
投資・投資信託・株式・FXなど金融投資には専門用語が多く用いられます。理解しておきたい用語の説明をまとめてみました。
関連記事

投資信託基準価格とは投資信託基準価額が正しい

「投資信託基準価格」と多くの場合にそう表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。ふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。以後、ややこしくなる...

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは? ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。 企業を調べるうえで、チェックするところは 1・経...

信用取引とは?

信用取引とは? 株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。 顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引と...

先物取引とは? 先物取引のメリットとトデメリット

先物取引

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索