トップ > 投資信託用語解説 > 信用取引とは?

信用取引とは?

信用取引とは?

株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。

顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引といいます。

ただし、取引実績などが考慮されるので、誰でも行うことができるわけではありません。また、株価の変動に伴って損失が発生した場合、当初に入れた保証金(証拠金ともいう)に加えて、追加証拠金(いわゆる追い証)を差し入れなければなりません。

例えば、「株式を買付けたいが、十分な資金が手元にない」といった場合や、「株価が値下がりそうなので売却をしたいが、手元に株券がない」といった場合などに、投資家が株式の売買を行えるよう証券会社が買付け代金を立替えたり、売付株式を貸し付けることをいいます。

株式の現物取引では、買付けた株価と売付けた株価の差が利益または損失の額を決定しますが、信用取引においては、このことに加えて、決済までの間での評価損益も重要になります。代用有価証券やた手玉となっている銘柄の時価が下がると、追加の委託保証金が必要となります。

さらに、このことに加えてもう一つ、日歩金利も考慮に入れる必要があり、買い方は証券会社から買付資金を借りているわけですからその借入額に対して金利を支払います。

一方、売方は証券会社から売却のための株券を借りていますが売却代金を証券会社に預けてあるため、それに見合う金利を受け取ることになります。

信用取引は、「資金」だけでなく「株式」を借りることができます。現物取引ではできない手元に無い株式でも売ることができます。

これが信用売りもしくは空売りといいます。信用売りは「買ったものを売る」のではなく「売ったものを買い戻す」ことによって利益を狙う取引手法で下げ相場に強いものです。

この記事のカテゴリーは「投資信託用語解説」です。
投資・投資信託・株式・FXなど金融投資には専門用語が多く用いられます。理解しておきたい用語の説明をまとめてみました。
関連記事

投資信託基準価格とは投資信託基準価額が正しい

「投資信託基準価格」と多くの場合にそう表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。ふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。以後、ややこしくなる...

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは? ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。 企業を調べるうえで、チェックするところは 1・経...

信用取引とは?

信用取引とは? 株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。 顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引と...

先物取引とは? 先物取引のメリットとトデメリット

先物取引

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索