トップ > 投資信託用語解説 > 裁定取引とは?日経平均株価と日経平均株価先物の連動性を利用して・・

裁定取引とは?日経平均株価と日経平均株価先物の連動性を利用して・・

裁定取引とは?

裁定取引とは、日経平均株価と日経平均株価先物の連動性を利用して、2つの価格差が拡大したり収縮したりする値動きのサヤ取りを狙う取引のことです。

これは、日経平均から日経平均先物の理論価格を算出し、日経平均先物に実際についている価格が理論価格を上回った時には「先物売り、現物買い」を行い、先物価格が理論価格を下回った時には「先物買い、現物売り」という売買を行うものです。

現在、裁定取引が活発に行われているのは、「限月間スプレッド」、「市場間スプレッド」などがあります。

例えば、日経平均株価と日経平均株価先物との裁定取引の場合、まず、日経平均株価先物の理論価格を、「現物の日経平均株価」と先物取引満期日までの「金利」と「配当収入」から算出します。

仮に、現物の日経平均株価:10,000円
先物取引満期日までの金利:500円
先物取引満期日までの配当収入:200円
とした場合、理論価格は、10,000円+500円−200円=10,300円になります。

次に「現物の日経平均株価」が10,000円のときの「日経平均株価先物」の実際価格をみてみます。

この時点で、日経平均株価先物を買いたいという投資家が多ければ、日経平均株価先物の価格は、先ほど算出された理論価格よりも高くなります。

この価格を仮に10,200円とします。
そうすると、ここでは、100円の乖離(かいり)が生じていますので、これは、裁定取引の機会が生じていることを意味します。

この場合には、「日経平均株価先物」を売ると同時に、先物の金額に対応する現物の日経平均株価の現物株式のバスケットを買うことで、収益を確定させることができます。

そして先ほどの取引を開始した後、満期日までの間に、先物が売られ先物価格が割安になった場合や、または、そのような状況にならなくても満期日になり、割安になって反対売買をするかまたは、満期の場合にはSQで清算をすれば、この取引は実際に収益化します。

この記事のカテゴリーは「投資信託用語解説」です。
投資・投資信託・株式・FXなど金融投資には専門用語が多く用いられます。理解しておきたい用語の説明をまとめてみました。
関連記事

投資信託基準価格とは投資信託基準価額が正しい

「投資信託基準価格」と多くの場合にそう表記を見ますが、正しくは「基準価額」、「投資信託基準価額」のことです。ふだん用いられない用語なので、「投資信託基準価格」で通っているようです。以後、ややこしくなる...

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析とは? ファンダメンタル分析とは景気や国際環境などの外部環境や、企業の財務体質や業績予想を分析して、相場を見通そうという手法です。 企業を調べるうえで、チェックするところは 1・経...

信用取引とは?

信用取引とは? 株式取引には、「現物取引」と「信用取引」という2つの取引方式があります。 顧客が「委託保証金」と呼ばれる一定の担保を入れて、証券会社から株券やお金を借りて株式売買をすることを信用取引と...

先物取引とは? 先物取引のメリットとトデメリット

先物取引

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索