トップ > 投資豆知識・投資判断 > ゼロ金利政策解除の生活への影響

ゼロ金利政策解除の生活への影響

ゼロ金利政策解除の生活への影響

ゼロ金利政策が解除されましたが、われわれへの生活への影響はどうなるでしょうか?

1.預貯金の利息増加   ○
2.保有債権の利回り向上 ○
3.保有債権の価格が下落 ×
4.円高になると外貨資産の価値が減少 ○
5.住宅ローンの負担増か ×

特に、住宅ローンの問題は大きいです。

これを見越して、住宅金融公庫から、城南信用金庫の住宅ローンに乗り換えようとしたのだが、2年連続でアウトです。


ゼロ金利政策解除後の住宅ローンについて

ゼロ金利政策が解除されて、住宅ローンの金利上昇は確実になりました。

城南信金に見放された僕には、どこか良いところあるかな。

ま、預金金利が多少上がった程度では、預金するより余裕があれば繰り上げ返済がお得でしょうか。

借りている住宅ローンの金利にもよるけど、安い金利で借りている人にとっては、無理して返済するよりも、投資信託で年5%程度の運用ができるならそちらがお得かもしれません。


住宅ローンの金利について

基準金利 − キャンペーン優遇金利 = 適用金利

基準金利は、マーケットに連動した金利
キャンペーン優遇金利は、その名の通り

そして、適用金利が、店頭やホームページで大きく表示されているものになります。

もし、3年固定金利1%の住宅ローンを、10年固定に借り替えようとする場合、同じ銀行の固定金利で継続するよりも、他行で借り替えることで、より金利優遇の恩恵が受けられます。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。
金融市場、投資情報は巷に溢れています。ここでは、直接的な金融投資、投資信託関連情報とはむすびつかないものの、市況を判断する材料、動向をみるための材料などをまとめています。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することで...

資産運用のポートフォリオ 100万円ケースで考えてみる

資産運用のポートフォリオ、100万円ケースで考えてみましょう。 金融投資はリスクを伴いますが、そのリスクヘッジ策として、資産のポートフォリオが考えられます。手持ち資金を短期・中期・長期、高配当から元本...

手持ち資金1万円から始められる金融商品

投資というと最低でも数百万単位の取引で、手持ち資金もそれなりに必要と思われるかもしれませんね?しかし、手持ち資金1万円から始められる身近な金融商品があります。 証券会社や銀行などで購入できる投資信託の...

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索