トップ > 投資豆知識・投資判断 > 中国の労働コスト急騰が及ぼすもの

中国の労働コスト急騰が及ぼすもの

中国の労働コスト急騰が及ぼすものを考えて見ます。

BRIKCsのなかでも格段の成長を誇る、隣国中国の動性は目が離せません。
北京オリンピックに向けて経済成長は加速しています。

この7月から北京や深センなどの中国主要都市で、労働者の最低賃金が10〜20%引き上げられ、中国における労働コストが急騰しています。

安い労働力に基づいた価格競争力を武器に、世界中にデフレを輸出し、急成長を遂げた来た中国であるが、労働コスト上昇は人件費負担増につながり、中国進出企業は戦略の見直しを迫られることとなります。

深セン市のある広東省をはじめとし、北京や湖南省などの地方政府は、昨年に引き続き2年連続で、労働者の最低賃金を引き上げました。広東省の一部の市では、この2年間で50%以上の上昇になる地域もあります。

最近では、中国内陸部においても経済が発展し、先に経済成長を遂げている沿岸部に賃金の安い出稼ぎ労働者を多数送り出してきた内陸部と沿岸部で労働者の争奪戦が始まっており、このことも地方政府の最低賃金調整を後押ししている模様です。

それでも、中国の最低賃金は国際水準から見れば、まだまだ安く、今後、さらなる最低賃金引き上げが見込まれます。

世界の工場として注目を集めてきた中国であるが、安い労働力に頼った生産戦略はもはや通用しません。これまで、安い労働力を当てにして中国に進出してきた外資系企業は、高騰する人件費に対し、戦略を練り直す必要があるでしょう。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。
金融市場、投資情報は巷に溢れています。ここでは、直接的な金融投資、投資信託関連情報とはむすびつかないものの、市況を判断する材料、動向をみるための材料などをまとめています。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することで...

資産運用のポートフォリオ 100万円ケースで考えてみる

資産運用のポートフォリオ、100万円ケースで考えてみましょう。 金融投資はリスクを伴いますが、そのリスクヘッジ策として、資産のポートフォリオが考えられます。手持ち資金を短期・中期・長期、高配当から元本...

手持ち資金1万円から始められる金融商品

投資というと最低でも数百万単位の取引で、手持ち資金もそれなりに必要と思われるかもしれませんね?しかし、手持ち資金1万円から始められる身近な金融商品があります。 証券会社や銀行などで購入できる投資信託の...

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索