トップ > 投資豆知識・投資判断 > 外貨預金のリスクとは?

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することでのリスクヘッジになります。

しかし、為替レートの変動は、為替差益も生み出すが、逆に為替差損のリスクもあります。このリスクの損益分岐点を把握することは重要です。外貨預金の損益分岐点は、例えば、元金100万円を6ヶ月の米ドル預金をした場合、米ドルの年利5%、円が1%、米ドル/円の直物100.00、6ヶ月の先物スワップが4.00とします。

100万円を円預金(金利年1%により)すれば、6ヵ月後、100万5千円です。ドル預金が、この100万5千円以上の金額になれば、ドル預金をしてよかったことになり、逆にこの金額を下回った場合、円預金の方がよかったことになります。米ドルを6ヶ月間運用した場合、1万250ドルです。これを円に変えて100万5千円になるレートは約98.05です。

つまり、6ヵ月後の米ドル/円の為替レートが98.05が損益分岐点です。これ以上米ドル/円の直物レートが高ければ利益、低ければ損失ということになります。外貨預金の損益分岐点がわかったら、6ヶ月の満期までの間に先物レートのヘッジをかけます。先物レートが変るのは、直物レートが変化するとき、金利差が変化するときです。米ドル/円の先物レートが損益分岐点を上回るのは、米ドル/円のレートが米ドル高になる、米ドル金利が下がる、円金利が上がる、という状況のときです。

このように上回ったら、先物レートのヘッジをかけて利益を確定させます。これによりリスクを回避します。但し、手数料を考慮にいれて損益を計算してください。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。
金融市場、投資情報は巷に溢れています。ここでは、直接的な金融投資、投資信託関連情報とはむすびつかないものの、市況を判断する材料、動向をみるための材料などをまとめています。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することで...

資産運用のポートフォリオ 100万円ケースで考えてみる

資産運用のポートフォリオ、100万円ケースで考えてみましょう。 金融投資はリスクを伴いますが、そのリスクヘッジ策として、資産のポートフォリオが考えられます。手持ち資金を短期・中期・長期、高配当から元本...

手持ち資金1万円から始められる金融商品

投資というと最低でも数百万単位の取引で、手持ち資金もそれなりに必要と思われるかもしれませんね?しかし、手持ち資金1万円から始められる身近な金融商品があります。 証券会社や銀行などで購入できる投資信託の...

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索