トップ > 投資豆知識・投資判断 > 投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務があり、後者の投資一任業者については、監督官庁の認可を受ける必要があります。
これには、過去、個人投資家相手に投資顧問業者が詐欺行為を働いたなどの背景があるためで、現在では投資顧問業法に基づいた登録が必要となっているのです。

こうした投資戦略を一般の投資家にアドバイスとして提供する投資顧問においてもそれぞれ得意とする分野が明確な場合があります。長期投資に強みを発揮する投資顧問業者もあれば、デイトレに長じた投資顧問業者などといった具合にです。

投資顧問は、主として有価証券への投資に関する専門知識を有するスペシャリストであり、証券取引分析や、投資に対する助言を担当します。

投資顧問業者との契約は、月額報酬体系のところもあれば、投資顧問によって生じた利益に対して歩合とするところなど形態は様々です。

最近のインタネット環境に代表されるようにITの発達によって、パソコンや携帯電話のメールなどを介して情報提供を行う投資顧問業者が多くなっていますが、こうした投資顧問業者のアドバイスに従う、投資顧問業者に投資を一任して損失を被った場合でも自己責任ですから、投資顧問御者の選別に当たっては注意深く判断することが求められます。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。
金融市場、投資情報は巷に溢れています。ここでは、直接的な金融投資、投資信託関連情報とはむすびつかないものの、市況を判断する材料、動向をみるための材料などをまとめています。
関連記事

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することで...

資産運用のポートフォリオ 100万円ケースで考えてみる

資産運用のポートフォリオ、100万円ケースで考えてみましょう。 金融投資はリスクを伴いますが、そのリスクヘッジ策として、資産のポートフォリオが考えられます。手持ち資金を短期・中期・長期、高配当から元本...

手持ち資金1万円から始められる金融商品

投資というと最低でも数百万単位の取引で、手持ち資金もそれなりに必要と思われるかもしれませんね?しかし、手持ち資金1万円から始められる身近な金融商品があります。 証券会社や銀行などで購入できる投資信託の...

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務が...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索