トップ > 中国株について > 中国株の魅力〜投資先としての中国とは?

中国株の魅力〜投資先としての中国とは?

中国株が注目を集め人気となっています。
投資先として、成長著しい中国は魅力に溢れています。

今回は、投資対象としての中国の魅力を見て行きたいと思います。

中国は、高度経済成長期にある国です。ここ数年も、7〜10%の経済成長率を続けています。
 
世界1位の大富豪ビル・ゲイツや、ビル・ゲイツに次ぐ大富豪であり、投資の神様とされるウォーレン・バフェット氏、冒険投資家として有名なジム・ロジャーズ氏なども、中国には注目しています。

特にウォーレン・バフェット氏は、中国株の代表的銘柄であるペトロチャイナの第3株主として知られています。

またビル・ゲイツも、ゲイツ・メリンダ基金の投資先のひとつとして、中国への投資を本格的に始めています。この点でも、日本の高度経済成長期と同様の効果が見込めるのではないかと期待されているのです。

また最近のオリンピック開催国(ギリシャ、オーストラリア)の株価は、オリンピック開催の前年まで上昇し、オリンピックの年に頭打ちになっています。)

国家的大プロジェクトが進行中であることも魅力です。
中国政府は、高速道路建設を優先的に推し進めています。豊富な資源が眠る中国西部を開拓して、水や石油・天然ガスを経済成長著しい東部に送り、地域による需給のアンバランスを解消することと、西部開拓で、東部沿岸地区との経済格差を縮小することが目的です。

また、都市部では生活水準が向上してきましたが、地方では、まだまだ生活水準は低いまま放置されているようです。胡温体制の現在の中国政府は、農民や貧困層の生活水準の向上を政策の柱のひとつとしてかかげており、この政策が推進されれば、中国全体の生活水準の向上が期待できるでしょう。

ただし、中国はあまりにも広大なため、全体の水準の向上には、長い時間と多大な努力が必要であり、資源確保の問題なども憂慮されていると認識しておいた方がいいでしょう。

2005年7月に、それまでの実質的な固定相場制から、通貨バスケット制に基づく変動相場制が採用され、実質2.1%の人民元の切り上げが実施されました。

人民元の完全自由化への流れは、国際的な趨勢であり、それに逆らい続けることは困難であると予想されているため、さらなる切り上げが期待されています。中国企業の資産価値が人民元であるため、切り上げにより、その企業価値が上がり、株価も上昇すると考えられているわけです。

この記事のカテゴリーは「中国株について」です。
北京オリンピックを控え成長著しい中国。当然投資先としての魅力に溢れています。アジア株の筆頭、中国株についても理解を深めておきましょう。
関連記事

中国株の魅力と株式投資について その2.

中国株の魅力と株式投資について その2. 過去の日本と比較してみると 中国経済の勢いを昔の日本経済に比較して考えられます。 昭和30年代東京オリンピックに向けてインフラ整備、ビル建設、マイカーブームの...

中国株の魅力と株式投資について その1.

中国株の魅力と株式投資について インフラ整備とは? 中国株の成長企業のひとつにインフラ整備関連があります。 インフラとは社会基盤のことで、経済成長するためにはさまざまな社会基盤を整備していかなければな...

中国株銘柄と中国株での設け方

中国株,銘柄,儲けかた,上海B株,深センB株

中国株の魅力〜投資先としての中国とは?

中国株,魅力,投資,成長性,北京五輪

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索