トップ > 株式について > 株主優待制度とミニ株制度の魅力について

株主優待制度とミニ株制度の魅力について

株主優待制度とミニ株制度という株式の特典の魅力についてみてみましょう。

株式の魅力は、投資商品のほかに、株主優待制度があります。各社によってそれぞれ特色を活かした特待サービスを打ち出しています。

人気優待銘柄の優待ポイントを見てみると

「ワタミ」
株数に応じて優待券を6000円分から。優待券の代わりに産地直送品へも交換可能


「カゴメ」
商品が入った自社製品詰め合わせ。100株以上で1000円相当、1000株以上で3000円相当。


「コロワイド」
グループ全体で使える1万円相当の食事券を年4回発行。居酒屋、そば、イタリアンなど業態が豊富。


「新日本建物」
ソムリエの田崎真也さんがセレクトした自社オリジナル特製ワイン。300株以上で1本、500株以上で2本。


「サンリオ」
サンリオピューロランド・ハーモニーランドの共通パスポート券を3枚からと、毎回違ったオリジナル商品。来期に何が出るかはお楽しみ。


「オリエンタルランド」
東京ディズニーランドか東京ディズニーシーで利用可能な1デーパスポートを1枚から。


「吉本興業」
なんばグランド花月劇場(大阪)とルミネtheよしもと(東京)の50%割引券を各1枚から。1000株以上で各4枚。


優待銘柄は、優待内容のユニークさばかりでなく、投資の面からも重要です。優待内容が決まる2ヶ月ぐらい前からジワジワと株価が上昇します。安い時に、コツコツと買い増していけばいかがでしょうか。


10万円以内で買えるミニ株とは?

個人投資家でも株を買いやすくしたのが「ミニ株」です。通常の単位株である1000株の10分の1の100株から売買が可能になりました。

ただし、

1.すべての証券会社で扱っているわけではない
2.対象となる銘柄が限定される
3.値段を指定して注文することができない

などの制約はありますので、ご注意下さい。

取扱いのある主な証券会社としては、

マネックス証券
約600銘柄のミニ株の取扱で、「夜間取引」が可能です。

他には、

イー・トレード証券
ジェット証券
ひまわり証券
日本ファースト証券

などが取り扱っています。

この記事のカテゴリーは「株式について」です。
金融商品、投資の主役である株、株式投資についても、もちろんみていきましょう。株は投資信託の有力な投資先でもあります。
関連記事

自社株買いとは何の目的で行うのでしょう?

「自社株買い」という言葉を聞いて違和感を覚える人もいるのではないでしょうか?大企業が資金調達のために発行したはずの株式を市場から買い戻すわけですから。自社株会について調べてみました。 株式会社が、過去...

株投資の基本はキャピタルゲインを得る長期保有です

毎日、新聞テレビ・ラジオなどで株式市況が報じられ、日経平均株価が上がった下がったと騒がれています。株投資の基本はキャピタルゲインを得る長期保有です。そのたりを考えて見ましょう。 ここでいう「株」につい...

投資と投資信託入門〜株式投資について

投資と投資信託入門〜株式投資について 投資信託からはいったん離れますが、重要な投資である株式について理解しておきましょう。 株式は、簡単に説明すると、会社が発行する証書です。 会社はその事業を行なうに...

株主優待制度とミニ株制度の魅力について

株主優待制度,ミニ株制度

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索