トップ > 株式について > IPOとは?・・Initial Public Offering

IPOとは?・・Initial Public Offering

IPOとは?

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で、新規公開株売出しという意味です。

未上場企業が、新しく株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を売り出すことを言います。

未上場企業では、通常は創業者社長やその親類で株式を保有していることが多く、それらの株式を市場で売り出します。同時に公募増資も行われるケースが多いです。

企業にとっては上場することにより、株式市場から資金調達することが可能となるだけではなく、社会的な信用を高めることもできます。

通常IPOする企業はベンチャー企業が多く、東証マザーズ、大証ヘラクレス、或いはジャスダック市場に上場するケースが多いのですが、未上場の大企業がIPOを行うケースでは、これらの新興市場を通り越して、いきなり東証1部や東証2部に上場するケースもあります。


IPO公開価格の決め方とは?

IPO株の公開価格の決め方は、どのようになっているのでしょう?

会社の値段のつけ方には、いろいろな方式がありますが、IPO企業の場合、類似会社比準方式が多いです。

これは同業で同規模の上場会社の時価総額から理論価格を算出し、そこから株価を割り出すものです。

さらに、IPO株の場合、その理論価格からIPOディスカウントと呼ばれる割引率を差し引いて公開価格が決まります。この割引の分だけでもおトクなのです。

新興市場が冷え切っている現在では、IPO企業の比較対照となる企業群の株価も安い水準にあり、IPOディスカウント率も大きくなる傾向にありますから、IPOに当選しなかった人も公開価格割れの銘柄を中心に、業績のいい割安銘柄を探していけば、よい投資機会になるかもしれません。

ただし、投機ではなく投資ですから、最後に投資は自己責任であることをお忘れなく。

この記事のカテゴリーは「株式について」です。
金融商品、投資の主役である株、株式投資についても、もちろんみていきましょう。株は投資信託の有力な投資先でもあります。
関連記事

自社株買いとは何の目的で行うのでしょう?

「自社株買い」という言葉を聞いて違和感を覚える人もいるのではないでしょうか?大企業が資金調達のために発行したはずの株式を市場から買い戻すわけですから。自社株会について調べてみました。 株式会社が、過去...

株投資の基本はキャピタルゲインを得る長期保有です

毎日、新聞テレビ・ラジオなどで株式市況が報じられ、日経平均株価が上がった下がったと騒がれています。株投資の基本はキャピタルゲインを得る長期保有です。そのたりを考えて見ましょう。 ここでいう「株」につい...

投資と投資信託入門〜株式投資について

投資と投資信託入門〜株式投資について 投資信託からはいったん離れますが、重要な投資である株式について理解しておきましょう。 株式は、簡単に説明すると、会社が発行する証書です。 会社はその事業を行なうに...

株主優待制度とミニ株制度の魅力について

株主優待制度,ミニ株制度

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索