トップ > 銘柄ファンド紹介 > さわかみ投信に注目!

さわかみ投信に注目!

さわかみ投信・さわかみファンドについて

すこし、投資信託に詳しい方、投資信託関連の本などをお読みの方は澤上篤人という方をご存知だと思います。そうです、さわかみ投信株式会社の代表です。さわかみ投信株式会社は、注目のさわかみファンドを運用している会社です。さわかみファンドの運用成績は目をみはるものがあります。

さわかみファンドの運用実績には、目をみはるものがあります。スタート時(1999年8月)の基準価格は10000円で、現在の基準価格は1万8516円(12月29日)です。ほぼ現在開設時のほぼ倍といってもよい価格です。さわかみファンドの2006年12月末時点の純資産総額は、前年比25%増、発売7年で130倍の約2240億円。営業活動を行っておらず、取り扱いしている証券会社も限られているファンドで、これだけ数字を伸ばしているのは、大変運用成績が良いためです。運用方針は、「長期投資」です。投資先は、主に日本の株式により運用しています。短期の投機的な投資を目的としているわけではいため、1〜2年で何割か儲かったから売るというような投資家を対象としているわけではなく、さわかみファンドを信用して、10年、20年単位で、投資する投資家を対象としています。そのため、信託財産留保額も設定されています。

では、実際にさわかみファンドを購入する際に気になる特徴を示します。ファンドのリスクとしては、主として株式等の値動きのある証券に投資するため、組入れ証券の価格変動(外国証券の場合には為替変動等の影響もあります)に伴うリスクがあります。 信託期間は、無期限です。 収益の分配 毎年、決算日に収益分配方針に基づいて、分配を行います。ただし、基準価額水準・市場動向等を勘案して、分配を行わないこともあります。当ファンドは分配金再投資専用ですので、分配金は税金が差し引かれた後で自動的に再投資されます。 信託報酬 純資産総額に対して年率1.05% 売買手数料、購入手数料、換金手数料は、かかりません。 信託財産留保金 換金手数料はかかりませんが、換金の際、1万口当たり基準価額の1.5%の率で信託財産留保金が控除されます。 申込み単位 <ご購入>10,000円以上1円単位。<ご解約>1円以上1円単位の「金額指定」、または「全額換金」。口数指定では、お申込みいただけません。 申込みの受付 いつでもご購入・ご解約のお申込みが出来ます。販売会社 さわかみ投信株式会社、およびウツミ屋証券株式会社 受託会社(信託財産の管理等) 日興シティ信託銀行 さわかみファンドが成功している要因の一つに長期投資だということを顧客に説明し、 それに共感できる顧客だけを集めているということがあげられます。

集めている顧客は、さわかみ信託を信頼し、定期預金するぐらいの気持ちでファンドを買ってくれるお客さんを集めています。そのため、優良な顧客がさわかみ信託、さわかみファンドには集まっています。そのため、日経平均が下げ続いたときも他のファンドに資金が流れやすい状況にありながらも、さわかみファンドの顧客の解約率は非常に低かったといわれます。このように安心して預けられるファンドを選びたいものです。

-----------------
C
「さわかみファンド」とは、さわかみ投信が運用している投資信託のファンドです。運用をしているのは、さわかみ投信の代表である澤上篤人さんです。このさわかみファンド、運用成績がとてもよく、最近注目されています。その運用方針は、長期投資の方針です。これは、短期の売り買いで利益をえたり、少しの株価変動で、売り買いしたりするのではなく、株価の割高感、割安感により、株を運用する方法です。この方法が、大きな利益を生み出している秘密です。

それでは、評判のよいさわかみファンドの運用実績を見てみましょう。スタート時(1999年8月)の基準価格は10000円で、現在の基準価格は1万8516円(12月29日)です。ほぼ現在開設時のほぼ倍です。さわかみファンドの2006年12月末時点の純資産総額は、前年比25%増、発売7年で130倍の約2240億円。運用方針は、「長期投資」です。投資先は、主に日本の株式により運用しています。運用する際は、割安な株式を購入し、その株式が割高となるまで保有することにより、利益を上げています。また、それにともない、求めている投資家についても、特徴があります。短期の投機的な投資を目的としているわけではいため、1〜2年で何割か儲かったから売るというような投資家を対象としているわけではなく、さわかみファンドを信用して、10年、20年単位で、投資する投資家を対象としています。そのため、信託財産留保額も設定されています。

このさわかみファンドを購入するにあたり、申込みの単位や受付などのタイミング、手数料関連はどうなっているのか気になるところです。以下ににまとめてみました。売買手数料 かかりません。購入手数料・換金手数料は、いただきません。 信託財産留保金 換金手数料はかかりませんが、換金の際、1万口当たり基準価額の1.5%の率で信託財産留保金が控除されます。但し、信託財産留保金控除前で計算した解約代金が50万円以下となる場合には、信託財産留保金は控除されません。 申込み単位 <ご購入>10,000円以上1円単位。<ご解約>1円以上1円単位の「金額指定」、または「全額換金」。口数指定では、お申込みいただけません。 申込みの受付 いつでもご購入・ご解約のお申込みが出来ます。申込受付時間は毎営業日の午後3:00までとなります。午後3:00以降のお申込は、原則として、翌営業日の受付け扱いとなります。ただし、年末年始等の半日営業日は、午前11:00までの受付けとなります。 申込み価額 ご購入・ご解約などの計算には、原則として申込み受付けの翌営業日の価額を用います。 解約代金のお支払い 申込み受付けの日を含めて、5営業日目の支払いとなります。 販売会社 さわかみ投信株式会社、およびウツミ屋証券株式会社 受託会社(信託財産の管理等) 日興シティ信託銀行

さわかみファンドは、普通に生活している投資家、会社員、サラリーマン向けのファンドということができます。広告宣伝を行わず、営業を担当している部署もないさわかみ投信株式会社がここまで成長しているのは、運用のうまさ、個人投資家を大事にしているということがあげられます。将来的な価値から考えて割安とされる銘柄に重点投資し、割安が解消するまで保有し続ける長期運用がモットーという、原点に立ち返った運用を実施しています。毎月1万円から購入できる。株式組み入れ上位銘柄には重厚長大型の企業名がズラリと並んでいます。このようなファンド、まさにの会社員向けのファンドだといえるでしょう。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。
投資信託、投資ファンドには、実に様々なものがあります。全てを紹介することは不可能でしょうが、これはというもの、関心を集めそうなものについてみて行きたいと思います。
関連記事

三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド

「三井住友・ニュー・チャイナ・ファンド」投資信託商品のご紹介です。 投資信託の銘柄選びでは、評価ランキング、基準価格、利回り、手数料などの比較、配当実績、分配金、解約金などがチェック項目です。また、...

フィデリティ・グローバル・ファンド

「フィデリティ・グローバル・ファンド」投資信託商品のご紹介です。 投資信託の銘柄選びでは、評価ランキング、基準価格、利回り、手数料などの比較、配当実績、分配金、解約金などがチェック項目です。また、投...

「フィデリティ・欧州株・ファンド」投資信託商品のご紹介

「フィデリティ・欧州株・ファンド」投資信託商品のご紹介です。 投資信託の銘柄選びでは、評価ランキング、基準価格、利回り、手数料などの比較、配当実績、分配金、解約金などがチェック項目です。また、投資信託...

「フィデリティ・アジア株・ファンド」投資信託商品のご紹介

「フィデリティ・アジア株・ファンド」投資信託商品のご紹介です。 投資信託の銘柄選びでは、評価ランキング、基準価格、利回り、手数料などの比較、配当実績、分配金、解約金などがチェック項目です。また、投資...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索