トップ > 投資信託入門 > 投資信託入門〜投資信託の始め方について

投資信託入門〜投資信託の始め方について

投資信託入門・投資信託の始め方についてまとめています。 

投資信託とはどのような投資商品であるのか?
投資信託のメリットとリスクはどんなものなのか?

投資信託が初めての方、投資信託への入門として、この点からみていきましょう。

近年、銀行や郵便局でも投資信託が購入できるようになり、投資信託はずいぶん身近なものとなってきています。

まずはじめに、投資信託について、おさらいしておきます。

投資信託とは、長い間続いていた低金利やネットを利用した株式投資に代表されるように、一般の人による投資家への関心の高まりから、個人投資家、資産をなるべく安全に増やしたいという思いの人たちに注目されてきている投資商品の一つです。

投資信託は、一般個人の投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用のプロが債券や株式などで運用し、運用成果に応じて収益を分配するという金融商品です。

金融商品は仕組みも、またその運用判断を占う政治・経済情勢の読みと分析など、きわめて高度で専門的な知識を必要とする分野です。

投資信託の場合は、これらの難しい判断を投資のプロに委託する投資の方法になります。

しかし、投資信託は、元本保証の商品ではないため、リスクを伴う商品です。

運用がうまくいけば預貯金以上の収益を得ることができます。
しかし、この運用成果は、一定ではありません。

そのため、投資信託では、収益も変動します。
一方で、投資信託の運用がうまくいかなければ元本割れすることもあります。
ですから、運用する際には自己責任が求められます。

投資信託と預貯金との違いは、運用するために運営経費がかかったり、購入時や解約時に手数料がかかる場合もあるということです。

投資信託の運用成果は、分配金(預貯金の利息に相当します)として、投資したお金の割合に応じて投資家に還元されます。

これは、預貯金の利息に相当するものです。
この分配金は、基準価額に上乗せされる場合や、口数の分割という形で還元されます。

投資対象の組み合わせ方により、比較的堅実な運営をするものから、高収益を狙うハイリスクハイリターン型まで、様々な投資信託商品が開発販売されています。

今後も、投資信託を始めてみよう、投資信託初心者という方に向けて投資信託入門について説明していきます。

この記事のカテゴリーは「投資信託入門」です。
投資について、また投資信託についての基礎知識をかため、魅力的な金融投資商品である投資信託入門を目指しましょう。
関連記事

投資と投資信託入門〜預貯金について(種類と特徴など)

投資信託入門,預貯金,当座預金,外貨預金

投資信託の基準価格とチャートについて

投資信託の基準価格とチャートについて基礎を知っておきましょう。 投資信託を始める際に基準となる価格があります。それが基準価格です。この基準価格は、一口あたり、現在いくらの価値があるかを表したものです。...

投資信託の購入方法とは?実際に投信を買う

投資信託,購入方法

投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資信託入門,預貯金

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索