トップ > 投資信託入門 > 投資と投資信託入門〜株式投資について

投資と投資信託入門〜株式投資について

投資と投資信託入門〜株式投資について

投資信託からはいったん離れますが、重要な投資である株式について理解しておきましょう。

株式は、簡単に説明すると、会社が発行する証書です。

会社はその事業を行なうにあたり非常に多くの資金が必要になります。
そのため、不特定多数の投資家からお金を集めて、投資家には株券を提供します。

株券を取得した人を株主といいます。

株主には、その会社の利益から生まれる配当金や増資など、経済的利益を受ける権利や、会社の経営に参加する権利があります。

また、他の人に譲渡することができます。


株式投資のリスクとリターンとは?

株主(株式、株券を保有する人)は以下のようなメリットがあります。

1.投資した金額に応じて、会社の利益を分配してもらえる。(配当金)

2.株主優待(その会社が提供するサービスなどを無料、または特別価格で享受)を受けられる

3.会社の社会的価値が上がれば、その株券を転売する事で利益(キャピタルゲイン)を得られる

4.企業活動に参加できる。(株主総会への参加)


株式投資の場合の株主のデメリットとは?、

1.株券転売時に会社の社会的価値が下がっていれば、元本割れとなる。

2.極端な話、倒産した場合株券は紙くずになる。

などがあげられます。


株式投資の種類と特徴について

株式投資には、これといった種類はありません。
そのため、よく聞く言葉について、以下に説明します。


ミニ株とは?

株式投資は、株券を取得するにあたって、最低取得株数が各企業により定められています。これを「単位株」と言います。

例えば、1000株を単位としている企業で、株価が100円の場合、株式投資を始める上では、最低1000×100で、100000円の投資資金が必要になります。

ところが、このミニ株はその10分の1で株式投資をする事が可能となるのです。投資金額が少なくても投資が可能となり、投資初心者の方にも入りやすいかもしれません。


IPOとは?

IPOとは、新規公開株のことです。
Initial=新規に、Public=公に、Offering=売りに出すの頭文字をとっています。

これまで証券取引所に取引されていなかった株式会社が新しく証券取引所で売買できるようになることを言います。

投資家がこの「新規公開株」を買うためには、証券会社を通じて買うことになります。通常の株の売買だと、株を買いたいと思ったらその売り手がいれば買うことができます。

一方、新規公開株の場合、売出しを引き受けた証券会社に購入を申し出て、
買いたいと申し出た人の中で抽選を行い、当選した人のみが購入することができます。

購入価格は、予め決められた「公募価格」となります。

さて、IPOがなぜ、現在、そんなに人気があるかというと、多くの銘柄で、公募価格の以上の初値(新規公開株が新規上場して最初についた値段)が
つきます。

時には、5倍をこえる値がついている銘柄もあります。
これがIPOの人気が非常に高い理由です。


どの会社の株を選ぶか、どのくらい保有するか、また、株価が安いときに購入し、高くなったら売却してその差額を利益とするのがキャピタルゲインを狙うか、保有して配当を手にするか、など、利益を得る方法はさまざまです。

また、デイトレードという言葉を最近よく聞きます。
これは、購入した株をその日のうちに売却してしまうことです。

また、数日のうちに売却する短期、何十年も所有し続ける長期まで
さまざまな投資スタイルがあります。

どのような投資スタイルでも、自分に合っているものを選択することが重要です。

この記事のカテゴリーは「投資信託入門」です。
投資について、また投資信託についての基礎知識をかため、魅力的な金融投資商品である投資信託入門を目指しましょう。
関連記事

投資と投資信託入門〜預貯金について(種類と特徴など)

投資信託入門,預貯金,当座預金,外貨預金

投資信託の基準価格とチャートについて

投資信託の基準価格とチャートについて基礎を知っておきましょう。 投資信託を始める際に基準となる価格があります。それが基準価格です。この基準価格は、一口あたり、現在いくらの価値があるかを表したものです。...

投資信託の購入方法とは?実際に投信を買う

投資信託,購入方法

投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資信託入門,預貯金

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索