トップ > 投資信託入門 > 投資と投資信託入門〜投資信託の方法と魅力について

投資と投資信託入門〜投資信託の方法と魅力について

投資と投資信託入門〜投資信託の方法と魅力について考えて見ましょう。

さて、今回から当サイトのメインテーマである「投資信託」について、やっと迫っていくことにしましょう。

投資信託は、投資家(すなわち、投資信託を購入している人々)から集めた資金を元手に、安全性、収益性、成長性、などまざまな要因を組み入れて、投資対象に投資するものです。

投資は、運用のプロ(ファンドマネージャーと呼ばれます)が実施し、運用で得た利益を、手数料を差し引いて投資家に分配するという金融商品です。

運用方法がさまざまなので、種類はとても多岐にわたっています。

投資信託の中には、不動産に投資するものもあります。そのまま、「不動産投資信託(REITリート)」と言います。

例えば、仮に100万円しか持っていないのに、日経平均対象銘柄全てを購入するということは無理ですね。

ところが、100万円を1万人で投資すれば投資可能額は1000000万円(100億円)にもなります。

その100億円を利用して運用し、その利益を分配する。という仕組みです。

投資信託はさまざまな投資対象に投資するため、リスクを分散させることができます。これが、投資信託が比較的安定した投資先であると考えられる理由になります。

例えば、一銘柄に対する投資の場合、一年間で40%のブレがあった場合、そのブレの影響をそのまま受けます。

しかし、十銘柄に投資すれば、10%のぶれのものや40%のぶれのものなどがあり、そのブレは集約され小さくなります。これが投資信託の分散投資によるリスクヘッジのメリットです。

投資信託は、投資先に何を選ぶか?どの程度の配当を見込むか?によって、安全性を重視するものから、ハイリスクハイリターンを狙うものまで、また投資信託が発売される時期によっても、実に多種多様な物が出回ります。

今回説明した基礎の基礎をしっかり理解しておくことが大事になってきます。

投資の運用がうまくいけば預貯金以上の収益を得ることができますが、一方で運用がうまくいかなければ元本割れすることもありえます。

そのため、元本保証の金融商品ではありません。
運用結果の収益は、運用経費・手数料を除いて、投資家に公平に分配されます。

少しでも魅力的、かつ健全な運用先を見出して、資産をアップさせましょう。

この記事のカテゴリーは「投資信託入門」です。
投資について、また投資信託についての基礎知識をかため、魅力的な金融投資商品である投資信託入門を目指しましょう。
関連記事

投資と投資信託入門〜預貯金について(種類と特徴など)

投資信託入門,預貯金,当座預金,外貨預金

投資信託の基準価格とチャートについて

投資信託の基準価格とチャートについて基礎を知っておきましょう。 投資信託を始める際に基準となる価格があります。それが基準価格です。この基準価格は、一口あたり、現在いくらの価値があるかを表したものです。...

投資信託の購入方法とは?実際に投信を買う

投資信託,購入方法

投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資信託入門,預貯金

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索