トップ > 投資信託入門 > 投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資と投資信託入門〜預貯金について(リスクとリターンについて)みていきます。

投資というには少し意味合いが違うかもしれませんが、りっぱな資金運用である「預貯金」について、まずは考えて見ましょう。

安全の象徴であった預貯金ですが、平成17年4月には、「ペイオフ」が解禁されていますので、まったくリスクがないか?というとそうでもありません。

種類としては、大まかに、普通預金と定期預金、当座預金があります。

それぞれ特徴がありますので、説明するとともに、使い分けのヒントも解説していきます。

また、預金と貯金の違いですが、銀行の場合が「預金」、郵便局の場合が「貯金」となります。

細かい部分では違いはあるものの、言葉の違いと考えてよいと思います。


「リスクとリターン」について

基本的に元本保証です。基本的といったのは、1000万円を超える部分
については、元本保証の対象外となるからです。ここがリスクとなります。

銀行や郵便局に対して、お金を預け、利息が預金者の利益となります。
これがリターンとなります。

最近では、金融機関によりで利息も違います。
ジャパンネット銀行、ソニー銀行、イーバンク銀行などのネット銀行では、他の金融機関よりも高い金利をつけているようです。


ペイオフとは?

金融機関が破綻したとき、その金融機関が加入している預金保険機構が、個々の預金者に一定金額(日本の現行法では1000万円)の預金およびその利息を保証する制度のことです(逆を言うと、それを超える預金および利息は保証されません)

元本とは?

当初支払った「もとで」という意味で、金融商品の購入・投資に充てた資金の額のことです。元本保証とは、資金を運用した際に、この「もどで」は減らないことを言います。元本割れとは、この「もとで」が減ってしまうことです。

ネット銀行とは?

正確には、ネット専用銀行のことを指しています。ネット専用銀行は、実店舗を持たないネット上のみで取引を行う銀行のことです。他の銀行もネット上で取引ができる銀行がありますが、これは、ネット専用銀行ではなく、実店舗でも取引ができ、なおかつ、ネット上でも取引ができるという点から、区別しています。

この記事のカテゴリーは「投資信託入門」です。
投資について、また投資信託についての基礎知識をかため、魅力的な金融投資商品である投資信託入門を目指しましょう。
関連記事

投資と投資信託入門〜預貯金について(種類と特徴など)

投資信託入門,預貯金,当座預金,外貨預金

投資信託の基準価格とチャートについて

投資信託の基準価格とチャートについて基礎を知っておきましょう。 投資信託を始める際に基準となる価格があります。それが基準価格です。この基準価格は、一口あたり、現在いくらの価値があるかを表したものです。...

投資信託の購入方法とは?実際に投信を買う

投資信託,購入方法

投資信託と預貯金についての比較(リスクとリターンについて)

投資信託入門,預貯金

更新履歴

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月27日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「銘柄ファンド紹介」です。2008年03月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索