トップ > 投資豆知識・投資判断

投資豆知識・投資判断のコンテンツ一覧

外貨預金のリスクとは?

ドルやポンド、ユーロ、あるいはオーストラリアドルなど外貨預金は低金利の日本の国内銀行への預金や定期預金より、金利が高く、しかも為替差益を得る可能性があり、人気があります、しかも金融資産を分散することで...

資産運用のポートフォリオ 100万円ケースで考えてみる

資産運用のポートフォリオ、100万円ケースで考えてみましょう。 金融投資はリスクを伴いますが、そのリスクヘッジ策として、資産のポートフォリオが考えられます。手持ち資金を短期・中期・長期、高配当から元本...

手持ち資金1万円から始められる金融商品

投資というと最低でも数百万単位の取引で、手持ち資金もそれなりに必要と思われるかもしれませんね?しかし、手持ち資金1万円から始められる身近な金融商品があります。 証券会社や銀行などで購入できる投資信託の...

投資顧問とは?どのように利用するのが良いのか?

投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、投資家に対して運用に関する助言を行う業務を行います。投資顧問の業務には、投資助言のみを行う投資助言業務と、投資に関する判断を委任される投資一任業務の2つの業務が...

長期に掛ける金融商品である生命保険について

生命保険

外貨を売買して為替差益を狙うFX(外国為替証拠金取引)とは?

外貨を売買して為替差益を狙うFX(外国為替証拠金取引)とは? FX(外国為替証拠金取引)とは、外貨を買ったり売ったりして為替差益を稼ぐ商品です。 儲かる秘密は、「買い」だけでなく、「売り」からも取引で...

会社の値段を知るDCF(ディスカウントキャッシュフロー)法とは?

会社の値段,DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法とは?類似会社比準法,DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法,市場株価法,時価純資産価額法

プロ投資家制度とは?ほか

プロ投資家制度とは?

団塊世代が消費でもがんばっています

団塊世代が消費でもがんばっています 景気回復を背景に、昨年頃から各種サービス価格の上昇傾向が鮮明に認められるようになってきました。 業績のいい企業は、設備投資などのハード面だけではなく、サービス分野に...

富裕層向け資産運用サービス、「ラップ口座」とは?

富裕層向け,資産運用サービス,ラップ口座とは?,野村證券

大手証券が女性向けの商品開発強化

大手証券が女性向けの商品開発強化

MIXI株上場ほかSNS(ソーシャルネットワークサービス)の話題

MIXI株上場ほかSNS(ソーシャルネットワークサービス)の話題 今 株式の世界で注目されているmixiですが、先日、東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。 さて、上場2日目の15日に取引は成立し...

ゼロ金利政策解除の生活への影響

ゼロ金利政策解除の生活への影響 ゼロ金利政策が解除されましたが、われわれへの生活への影響はどうなるでしょうか? 1.預貯金の利息増加   ○ 2.保有債権の利回り向上 ○ 3.保有債権の価格が下落 ×...

先物の拡大傾向について

先物の拡大傾向について 先物の代表格は、日経平均先物とTOPIX先物です。 05年のデータで、日経平均先物が約430兆円、TOPIX先物が約340兆円ありますが、現物の株式が約900兆円であることを考...

法人設立の節税メリットがなくなる?

法人設立の節税メリットがなくなる? 実質一人会社では節税できなくなる?かもという話題です。 今回の税制改正では、極めて同族的色合いの強い一部の会社では、給与所得控除分は法人の費用とは認めない(以下、役...

短期金利に上昇圧力ほか2題

短期金利に上昇圧力 日銀がゼロ金利を解除して以来、金融市場で無担保コール翌日物金利が、日銀目標の0.25%を超えて、0.28%から0.30%程度で推移しています。 外国銀行が資金確保を急ぎ、割高な金利...

アメリカネット関連企業業績〜グーグル独走

アメリカ,ネット関連企業,業績,グーグル,独走

中国で今年3回目の金融引き締めほか

中国で今年3回目の金融引き締め

中国の労働コスト急騰が及ぼすもの

中国,経済成長,北京オリンピック,労働,コスト,急騰

投資信託「1兆円ファンド」続々という話題について(2件)

投資信託,1兆円ファンド,グローバル・ソブリン,ピクテ・グローバル・インカム

新規上場審査が強化へ

新規上場審査が強化へ 新興市場を中心に上場直後から不祥事を起こす企業が相次いでいることを受けて、日本証券業協会(証券業界の自主規制機関)は今秋から引き受け審査の新ルールを整備し、証券会社に現在よりも厳...

投資信託(ファンド)運用会社の業績好調

投資信託(ファンド)運用会社の業績好調 ファンド(投資信託)運用会社大手の2005年度決算によると、ほとんどの運用会社で純利益が伸びています。 ファンド運用会社の主な収入源は信託報酬となります。 一般...

ネット証券5社、大幅増益ほか

ネット証券5社、大幅増益 インターネット専業証券大手5社(イートレード、カブドットコム、マネックス、松井、楽天)の2006年度第1四半期(4月−6月)の業績が出揃い、5社とも前年同期比で大幅な増収増益...

携帯がついに世界で10億台を突破、ほか2題

携帯がついに世界で10億台を突破しました。 2005年は約8億台であった世界の携帯電話の販売台数が、2006年には10億台に達する見込みです。 世界の携帯電話市場は年率20%〜30%のペースで急成長し...

日本の総人口が初の減少に

日本の総人口が初の減少に 総務省の発表によると、2006年3月末時点での日本の総人口は約1億2700万人となり、1年前より約3500人減少しました。人口の減少は1968年の調査開始以来初めてのことです...

投資豆知識・投資判断

金融市場、投資情報は巷に溢れています。ここでは、直接的な金融投資、投資信託関連情報とはむすびつかないものの、市況を判断する材料、動向をみるための材料などをまとめています。
更新履歴

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月22日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月20日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「投資豆知識・投資判断」です。2007年10月18日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索